住宅模型

住宅ローンの滞納と競売

ウーマン

競売にかけられない方法

様々な事情で、住宅のローンの支払いが滞った状態に陥ってしまうこともあります。そのような場合、住宅ローンの融資元である金融機関側は融資をしたお金を回収する手段として、担保となっている名古屋の不動産を強制的に競売にかけるということが一般的行われています。仮に住宅ローンの契約者がその支払いを続けることができなくなってしまったときには、前述したようにせっかく購入したマイホームを手放さなくてはならなくなってしまうのです。しかし、競売では名古屋の市場価格よりも、はるかに低い価格で不動産の売却が行われてしまいます。そのため、マイホームを手放したとしても住宅ローンはほとんど減らずに借金だけが残されることになります。しかしながら、住宅ローンを支払えなくなってしまったときに、マイホームを競売にかけられずに済む方法もあります。それが任意売却です。任意売却のメリットとして特に大きいのが、競売とは違い名古屋の市場価格に近い価格で不動産を売却することができる点です。つまり、任意売却をすれば、その売却益を住宅ローンの支払いに充てることで、ローンの残りを大きく減らすことも可能なのです。ただし、任意売却の場合、競売とは異なりその手続きを開始するにあたっては、債権者の同意が必要になってきます。当然のことながら、債権者の同意を得るには交渉を行わなくてはならず、この交渉を個人が行うのは非常に骨が折れる作業となります。そのため、任意売却をしたいという場合には、名古屋の任意売却専門業者に依頼をすることになります。ただし、任意売却専門業者に依頼をする際には、事前に情報を収集して信頼のおける業者を選ぶようにしましょう。